身近なことと中高生の頃に訪れた思い入れもあり、播但線には近年しばしば訪れている。
令和4年2月現在もキハ40系の首都圏色が走っている貴重な路線でもある。

寺前以南は電化されてしまったが、単線のローカル線としてのムードは残っている。姫路から溝口までは、途中まで高架になり住宅が建て込んで昔の面影はないが、溝口を過ぎるとローカル色が残っている。寺前からは非電化で、昔の風情が残っていてうれしい。

2016.12.03長谷-生野

2018 溝口ー福崎
2020.02.06 生野-長谷
2020.11.22 溝口・長谷
2021.01.02 長谷
2021.04.01長谷・新井
2021.11.10 長谷
2021.11.21 長谷
2021.12.18 寺前・長谷・生野
2021.12.26 長谷・竹田
2021.12.30 長谷・新井・青倉
2022.01.01 和田山・新井・生野
2022.01.01生野駅界隈
2022.01.08 長谷・青倉・竹田